新車値引き

ステップワゴン(新車) 値引き48万円の話し(まとめ)

更新日:

新車を安く購入するためには

ストーリはこちら

 
  1. 相見積りを競合車だけでなく、業販(買取業者・修理業者等)に見積もりを取る。

これ。

スポンサーリンク

普通は正規ディーラー何店舗かに見積もり依頼し、比較検討するかと思います。
 
業販については、私は買取業者(ガリバー)経由でしたが整備・修理等を行っている工場もありです。ただ、それだけで依頼をすると中間費用が発生するので
 
買取業者⇒買取依頼+付帯サービスとして新車販売
整備・修理会社⇒いつも車検・メンテナンスを依頼+付帯サービスとしての新車販売
 
という形に持って行きましょう。
 

ミニバンの値引き・価格・値引き幅については参考までに価格コムで相場を調べましょう

特にディーラーは値引きが少ないと思ったときは正直にカカク・コムの情報等をぶつけどこまでなら対応可能か聞いてください。
 
こちらから言わないと「ディーラー希望販売価格」を機械的に出してくるだけの場合は結構あります。
私の場合は金額が若干足りませんでしたがガリバーの店長が自社の買取部門及びホンダのディーラー(業販部門)との調整をしてくれてほぼ希望額に至りました。
 相手との交渉事ですので相手が普通にこの人に頑張って売りたい。んでもって買取もさせてもらいたいと思っていただく事。嫌われないことはかなり重要かと思います。
 
大きな金額の買い物なので中途半端な妥協はいけませんが、結構態度がラージになっている方がいるようです。相手は結構ドン引きだとおもいます。
  
また値引きが大きい時期として決算期と言われてます。
自動車メーカーは各社3月末が決算です。
 
今は四半期決算が主流で各期ごとに細かく見てますので6月 9月 12月もとなるとほとんどいつものような気がしますが・・・・
 

お読みいただきありがとうございました。

ご意見でも足跡でも残していただけました幸甚です。

 

 ↓ポッチっとどうぞ。





スポンサーリンク

-新車値引き

Copyright© いっきゅうの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.