お得情報

自動車税のクレジットカード支払いは得?知らなきゃ損する裏技紹介!

更新日:

いっきゅうです。

 

年が明け、奥さんとGWの予定を立て始めているのですが、僕の中ではGWと対(つい)で結びついている事があります。

 

それは自動車税です。

GW前に郵便(納税通知)が届き、GWでさんざん遊んだ後に郵便の封を開け、お金が無い中、なんとか納付する。

毎年こんな感じで繰り返しています。(苦笑)

 

そんな値引いたりできない税金を少しでもお得に納付して、ちょっとばかりの満足感を感じてみたいと思い、なんとかお得に支払う方法はないか検証してみました。

【本記事は2018年1月現在の情報です。今後変更になる可能性もございますのでご注意ください。】

nanaco払い&クレジットカードチャージ

今回の私の一押しはnanacoとクレジットカードでの合わせ技。

クレジットカードでチャージしたnanacoで支払います。

 

支払いの手数料は無し、チャージはポイント付与となり、ポイント分だけ得をします。

注意点は2つ。

  1. チャージでポイント付与されるクレジットカードが限られている
  2. チャージには1回の上限金額、月間の回数などの制限がある

1.チャージでポイント付与されるクレジットカード

以前は、楽天カードやリクルートカードプラスなど、様々なカードがnanaoチャージ時にポイントが付与されました。

しかし、現在多くのカードが、電子マネーチャージ時のポイント付与を、対象外にしています。

現在確認が取れているカードは下記5種

  • リクルートカード(ポイント付与1.2%)
  • ヤフージャパンカード(ポイント付与1.0%)
  • セブンカード・プラス(ポイント付与0.5%)
  • ファミマTカード(ポイント付与0.5%)
  • セゾンカード(ポイント付与0.5%)

 

この中で付与率が一番高いのはリクルートカードです

またリクルートカードはポイントをPontaに交換・使用することができます。

(セブンイレブンで付けたポイントをローソンで使うってちょっと微妙に感じるのは私だけでしょうか???)

TSUTAYAやTポイント、Yahoo!ショッピングなどをかなり使われるのでしたら、(若干ですが)ポイントが下がりますがヤフージャパンカードという選択肢も、あると思います。

2.チャージの制限

チャージの制限についても確認が必要です。

クレジットカードでのチャージは下記制限があります。

  • 1回のチャージ限度額⇒最大30,000円まで
  • 1日のチャージ回数制限⇒3回まで
  • 1月のチャージ限度額⇒200,000円まで
  • 1月のチャージ回数制限⇒15回まで

nanacoカードには最大で50,000円までしかチャージできませんが、センター預かりという制度を利用すると100,000円までチャージできます。

カード残高(最大50,000円)とセンター預かり残高(最大50,000円)の合計100,000円です。

但し1日の上限が30,000円×3回=90,000円のため、100,000円までチャージするのは2日がかりの作業となります。

スポンサーリンク

その他の税納税方法

クレジットカード払い

クレジットカードでの支払い時には決められた決済手数料がかかります。

手数料は自動車税が国税でなく地方税のため、お住いの地方自治体で手数料が変わります。

東京都や愛知県は1万円につき76円+消費税ですが、その他のほとんどの道府県が定額料金です

(ほとんどが324円ですが、三重県は432円、沖縄県が308円。すべて税込みです)

こちらを税額毎にまとめると以下の通りとなります。

排気量納税額手数料(@¥76)/%
手数料(定額)/%
1ℓ以下29,500246 / 0.83%324/1.10%
1ℓ超~1.5ℓ以下34,500328 / 0.95%324/0.94%
1.5ℓ超~2ℓ以下39,500328 / 0.83%324 / 0.82%
2ℓ超~2.5ℓ以下45,000410 / 0.91%324 / 0.72%
2.5ℓ超~3ℓ以下51,000492 / 0.96%324 / 0.64%
3ℓ超~3.5ℓ以下58,000492 / 0.85%324 / 0.56%
3.5ℓ超~4ℓ以下66,500575 / 0.86%324 / 0.49%
4ℓ超~4.5ℓ以下76,500657 / 0.86%324 / 0.42%
4.5ℓ超~6ℓ以下88,000739 / 0.84%324 / 0.37%
6ℓ超~111,000985 / 0.89%324 / 0.29%

決済手数料が定額の自治体で、かなり大型の車でなければ決済手数料がカードのポイントを上回ります。

カード払いのメリットは実質の支払期日先延ばし、キャッシュフローの改善のみとなりますね。

窓口にて納付

納付書と現金(口座引き落としの場合は印鑑も)をもって「おねがいします」というだけです。

一番簡単と言えば簡単ですね。

コンビニの店頭でも行えますが、納付期限を過ぎるとコンビニではその納付書は使えなくなります。(数日以内なら金融機関の場合は利用できます)

ペイジー

ペイジーはネットバンキングやATMを使って、いつでも税金や料金のお支払いができるサービスです。

通常、口座への振り込は、振込相手先の金融機関名・支店名・口座種別・口座番号・名義人の全てを入力しないと決済できません。

ペイジーでは、請求書等により通知される収納機関番号・お客様番号(納付番号)・確認番号を入力することにより、支払金額の確認・支払いが行うことができます。

また、ネットバンク、コンビニATM共に、時間を選ばず振り込みができるので、時間の制約がないのはとてもありがたいですね。

おまけ

還元率3.0%にする方法

税金の納付には使えませんが、このリクルートカード+nanacoの組み合わせにQUOカードを組み合わせると、3%のポイント付与相当になります。

Step1:nanacoにリクルートカードで10,000円をチャージ→ポイント1.2%をゲット!

Step2:nanacoで10000円分のQUOカードを購入→10,180円分使えるので180円=1.8%ポイント相当をゲット!

1.2+1.8=3.0  です。

QUOカードを間に入れず、nanacoで支払えば100円(税抜)につき1ポイントなので約0.8%お得という事ですね。

最後に

このnanaco+リクルートカードの税金納付方法は他の税金(固定資産税等)にも使えますので、ぜひ色々とご活用ください。

 

 

スポンサーリンク

-お得情報

Copyright© いっきゅうの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.